チャージ型の電子マネーの利用時に助かる点

小銭要らずで改札も自販機もスピーディー

チャージ型電子マネーの最大のメリットは、なんといってもその都度小銭を用意しなくてよい、ということです。チャージ型電子マネーで有名なのは交通機関が発行しているものですが、以前はバスに乗る際小銭が必要だったところ、不要になったため乗り降りが非常にスムーズです。後の人を気にしながら両替をする手間もありません。
電車に乗る際もいちいち料金表を確認して切符を買って、という手間がないので急いでいるときには助かります。お店で買い物をする際も、おつりを受け取って確認する必要がないのでスピーディーです。また、自動販売機で飲み物を買うときにも便利です。カードを当てるだけで簡単に購入できますし、手元に1万円札しかないときでも安心して利用できます。

無駄遣いが防げてポイントもスムーズに貯まる

チャージ型電子マネーのもうひとつの特徴は、チャージされている額までしか使えないということです。手持ちがないときや高額なものを買うときにはクレジットカードが便利ですが、クレジットカードは限度額内であればどんどん使えてしまいます。そのため、気がついたときにはかなりの額になっていた、ということもありえますが、チャージ型電子マネーであればこうした使い過ぎを防ぐことが可能です。
また、チャージ型電子マネーの中には利用額に応じてポイントが貯まっていくものがあります。現金払いで貯められるポイントカードもありますが、支払いの際にいちいちカードを探して出さなければならないのが面倒です。チャージ型電子マネーなら支払いをするだけで自動的にポイントがつくので、レジでもたもたしてしまうことがありません。