ポストペイ型の電子マネーの利用に向かない人

クレジットカードの利用限度額が少ないと決済不能になるかも

多くの電子マネーは先に現金をチャージして利用しますが、中にはポストペイ型と呼ばれる、後払い方式のものも存在します。ポストペイ型の場合、利用したあとに登録したクレジットカードから利用分の電子マネーがチャージされ、支払い分に充当されるという仕組みになります。では、こうした後払い方式の電子マネーを利用するのにあまり向いていない人とは、どういった傾向の人になるでしょうか。
まず、所持しているクレジットカードの利用限度額があまり多くない人が挙げられるでしょう。たとえば、3万円、あるいは5万円程度の利用限度額に設定されている場合だと、通常のカード利用分で限度額に達してしまい、電子マネーのチャージが決済不能になる恐れがあるからです。

後払いだと金銭感覚が麻痺するなら先払い式の電子マネーを

お金を借りる状況を作りたくないという人もポストペイ型の電子マネーを使うには不向きです。電子マネーの場合、クレジットカードを使うときのようにサインを書いたり、あるいは暗証番号を打ち込むといった作業は不要ですが、ポストペイ型ならクレジットカードを利用しての後払いということに変わりはありません。クレジットカードを使えば、当然、カード会社に代金を立て替えてもらう、つまり、カード会社から一時的にお金を借りることになるので、そういったことが嫌な人なら、先に現金をチャージして利用する電子マネーの方がいいのです。
先に現金を支払うという形にしないと金銭感覚が麻痺してしまう人も、やはりポストペイ型は向いておらず、先払い式の電子マネーの方がいいでしょう。