チャージ型の電子マネーの利用時に困る点

現金をチャージできる場所が限られている

チャージ型の電子マネーを利用するにあたって、不便なこと、困ることとしてはどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、現金をチャージする場合に手間がかかるということがあるでしょう。クレジットカードが必須といえるポストペイ型の電子マネーと比べて、前払い式の電子マネーは現金でチャージできるというのが大きな特徴です。これはメリットといえますが、チャージする場所が限られているというデメリットも存在します。
たとえば、特定のコンビニやスーパーにある機械でのみしかチャージできない、あるいは駅の券売機まで行かないとチャージできないので、使い始められるようになるまで時間がかかってしまうわけです。もちろん、チャージ型の電子マネーでもクレジットカードを持っていれば、それでチャージできますが、種類によっては特定のクレジットカード以外は受けつけてくれないこともあります。

残高を把握していないと決済で電子マネーが足りないことも

実際に利用してみるまで残高がよくわからず、決済してみたら足りなかったというのも、チャージ型の電子マネーではよくあることです。ポストペイ型の電子マネーであれば、使った分が後でクレジットカードから支払われるという形になるので、とりあえずその場で電子マネーが足りないということにはなりません。
不正利用を防止する策があまりないのも、チャージ型電子マネーの欠点でしょう。ポストペイ型の電子マネーであれば、電子マネーカードを落としたとわかった段階でクレジットカードの方を止めれば、電子マネーカードの有効性が確認できなくなり、不正利用を食い止めることができますが、チャージ型はお金の入った財布のようなものなので使われてしまったらどうしようもありません。