チャージ型の電子マネーの利用に向いている人

クレジットカードを所有してなければチャージ型一択

チャージ型の電子マネーはどういった人に向いているといえるでしょうか。まず、クレジットカードを持っていない人は基本的にチャージ型の電子マネーを利用するしかありません。というのは、後払い方式の電子マネーはクレジットカードを持っていないと利用することができないからです。
チャージ型の電子マネーの場合、チャージ手段としてクレジットカード以外に現金が使えるので、そういった点ではクレジットカードを持つことができない学生が利用するのに向いているといえるでしょう。
現金をチャージできる場所が身近にある人も、チャージ型電子マネーを利用しやすい人です。たとえば、平日は毎日通勤、通学で電車を使う人なら、券売機で交通系の電子マネーを簡単にチャージすることができます。

毎月の予算が決まっている人はチャージ型の方が使いやすい

利用する電子マネーは、毎月、一定にしたい人もチャージ型を利用すべきでしょう。というのは、後払い式の電子マネーだと、その月にどれぐらい使ったのかウェブサイトなどで確認しないとわからず、確認するのが面倒という人だと設定していた金額をオーバーして使いすぎてしまったということもあり得るからです。
チャージ型であれば、たとえば月に三万円まで利用すると設定したら、月初めに三万円をチャージするだけでいいので、面倒な確認作業を行う必要がありません。
自宅に利用明細書などの書類を送ってほしくないという人もチャージ型に向いています。後払い方式だと、利用したあとにクレジットカードに請求がいき、カード会社から明細書が届くことになるからです。